顔やせの方法について
無理なく痩せよう!!簡単ダイエット
ダイエットの基本知識や、食事や栄養に関する情報、簡単にできる運動法などを紹介しています。

Sponsored Link

顔やせの方法について

 顔についた余分な贅肉を取りたい、フェイスラインをすっきりさせて小顔になりたい、と思う方も多いでしょう。でも顔やせの方法って、身体の他の箇所と違ってあまりピンとこなくて、実践してる人も少ないのではないでしょうか。
 顔やせのための方法は大きく二つに分けられます。一つは顔についた脂肪を落とすための方法で、もう一つは、目の周りや頬やあご等の皮膚のたるみを引き締める方法です。

顔やせ 顔の余分な脂肪を落として顔やせを行う方法は、結論から言えばウォーキング、ジョギングのように顔にも汗をかくような有酸素運動を行うことが基本です。運動を続けながら、顔のマッサージをしたり、サウナに入ったり、顔にマスクをしてお風呂に入るなどして、顔にたくさん汗をかく工夫をするとより効果的です。多くの脂肪が燃焼されて顔やせに繋がります。顔のみを使った運動では、たるみを解消することはできても脂肪を落とす効果はあまり期待できません。 

 顔のたるみを解消し、引き締めることで顔やせを図る場合、顔以外のダイエットと同じで、顔の各パーツを大きくたくさん動かすのが効果的です。では簡単な顔やせの方法をご紹介しましょう。

 顔やせのためには、顔の筋肉「表情筋」を鍛えます。目、口、あごなど、顔のパーツのうち、痩せたい部分を大きく動かしてみましょう。
 まず目をつむって眉を大きく上に持ち上げます。その状態で暫く静止させ、次にギューっと目をつむります。これを何度か繰り返します。また、目を開いて眼球を上下左右に動かしたり、ぐるぐる回してみましょう。
 口やあごの運動は、上を向いた状態で、できるだけ大きく口を動かしながら「あ・い・う・え・お」と何度か発声します。次に、口を思いっきりすぼめて、その後口を思いっきり横に広げる、を繰り返しましょう。これらの一連の動作を思いっきり力をいれて、力を入れた状態を数秒維持すると効果的です。
 部屋でくつろいでいる時、お風呂に入っている時、ベッドに入って寝る前など、気が付いた時にやってみてください。普段から表情を豊かにしていると、それだけでも顔やせ運動になります。
 ガムやスルメ、こんぶなどを食べてたくさん噛む習慣をつけるのも効果的です。この方法は顔やせ運動のように意識して行う必要がないメリットがあります。
 目や口をたくさん動かすことで、顔の筋肉が鍛えられ、皮膚のたるみや二重あごといった症状が改善されます。フェイスラインもすっきりして顔やせ・顔のダイエットになります。

顔やせ 顔やせ用のダイエット器具も色々販売されています。顔につけているだけでたるみやフェイスラインを矯正するものや、気になる箇所をコロコロ転がすローラータイプの美顔器などがあります。これらに効果がないとは言いませんが、口コミ情報などを見ても評価は両極端で、はっきりと顔やせ効果があった、という話はあまり聞きません。
 顔やせはあくまで有酸素運動と表情筋のエクササイズをメインに行い、これらの器具を使うなら補助として使うことをお勧めします。


 以上、顔やせの方法をいくつか紹介しましたが、エクササイズだけだと、場合によっては頬がこけて不健康に見えたり、肌がガサガサになってしまうこともあります。お肌の健康にも気をつけましょう。
 基本的に栄養バランスの良い食事をとっていれば十分ですが、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」といった肌に良いとされる成分をサプリメントなどで積極的に摂取したり、美容液や化粧水で直接スキンケアをすることで、顔のシワや老化を防ぎ、より若々しく綺麗な肌を維持することができます。

Sponsored Link