太もも痩せの方法
無理なく痩せよう!!簡単ダイエット
ダイエットの基本知識や、食事や栄養に関する情報、簡単にできる運動法などを紹介しています。

太もも痩せの方法

Sponsored Link

太もも痩せ 太もも痩せのためのダイエット法は、筋力トレーニングと有酸素運動を並行して行うことが基本です。筋トレだけでも引き締め効果はありますが、太ももをより細く引き締めながら痩せさせたいなら有酸素運動も取り入れる必要があります。

 まず太ももの筋トレですが、太ももの前後左右の筋肉について、それぞれに合ったエクササイズを行います。前後左右をもれなく筋トレを行うことがきれいな太もも痩せにつながります。すべて自宅でも簡単にできるものになります。

  • 太ももの前側の筋トレ法
    はじめに真っ直ぐに立ってください。その状態から右足を大きく一歩踏み出します。上半身は直立姿勢のまま変わらず、右足のヒザが90度に曲がった状態になります。歩幅が広いほど効果がアップします。これを左右の足交互に繰り返すことで前側の筋肉が鍛えられます。また、一般的なスクワットでも太もも前側を鍛えることができます。スクワットはひざを痛めないよう、ひざから下はあまり動かさず、お尻を後ろに突き出す感じで行いましょう。
  • 太ももの外側の筋トレ法
    床に寝そべって、身体を左側に横向きにします。手は床に置いて身体が倒れないように支えます。左足は床につけたまま直角に曲げます。この状態から、右足を真っ直ぐに伸ばしたまま上に持ち上げます。ある程度まで持ち上がったら床に下ろします。これを繰り返します。持ち上げる時に太ももの外側に力が入っていることを確認してください。よくレオタードを着たお姉さんが「ワンツー、ワンツー♪」とやっているようなイメージがある運動ですね。ちなみにヒップの引き締め効果もあっておススメです。
  • 太ももの内側の筋トレ法
    《方法1》
    真っ直ぐに立った状態から重心を崩さないように気をつけながら足を真っ直ぐ前に出します。これだけです。簡単でしょ?片足立ちの状態になりますが、太ももの内側に力が入るのが分かると思います。
    《方法2》
    床に寝そべって、身体を左側に横向きにします。手は床に置いて身体が倒れないように支えます。右足ひざを上に向けて直角に曲げます。左足は真っ直ぐ伸ばして床に置きます。この時左足は右足の前に置きます。この状態から左足を伸ばしたまま上に持ち上げます。太ももの内側を上向きにしてゆっくり持ち上げて、下ろします。この時内ももに力が入っているのが分かると思います。片足が終わったら今度は身体を右側に倒して右足も行いましょう。
  • 太ももの後ろ側の筋トレ法
    床に仰向けに寝てください。手は体の脇に自然に置き、両ひざを90度に曲げてください。この状態から、両肩を床につけたままでお尻を床から持ち上げ、股間を上方に突き出します。そのまま1〜2静止させ、元の体勢に戻ります。この運動によって太ももの裏側とヒップの筋肉が鍛えられます。

 続いて太ももやせに効果的な有酸素運動についてご説明します。
 ウォーキングや階段の上り下りといった、足のももを使った運動が太もも痩せに良いでしょう。時間に余裕があればウォーキングやジョギングをするのが良いのですが、普段の生活の中でちょっとした工夫をすることでも効果があります。
 例えば出勤途中で降りる駅を一つ前の駅にしてウォーキングを行うとか、職場やデパートではエレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使うなどです。職場がある程度近ければ、徒歩や自転車による通勤も取り入れましょう。
 ダイエット効果を高めたいなら、ある程度の時間(30〜40分程度)エクササイズを続ける必要がありますので、室内でも有酸素運動ができるエアロバイク(自転車こぎ運動)や、ステッパー系のダイエット器具を利用するのも手です。
 また、運動時のウェアにも、シェイプアップ用のスパッツなど、太ももにかく汗を増やしたり、太ももをしめつけることで太もも痩せの効果を高めるものがあります。

Sponsored Link