下半身痩せの方法
無理なく痩せよう!!簡単ダイエット
ダイエットの基本知識や、食事や栄養に関する情報、簡単にできる運動法などを紹介しています。

下半身痩せの方法

Sponsored Link

下半身ダイエット 足腰やヒップを含めた下半身痩せの方法についてご説明します。
一言にダイエット法といっても様々な種類があります。ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動によるダイエット、筋力トレーニングによるダイエット、食事内容の見直しやサプリメントを利用したダイエット、エステやマッサージなどによるダイエットなど。それぞれにメリット・デメリットがあり、効果の程も違います。
 どれか一つだけでもそれなりに効果はあるのですが、健康的かつ効果的に下半身痩せを行うためにはこれらを組み合わせて実践する必要があります。まずは運動による下半身痩せの方法について説明します。

 下半身を動かす有酸素運動を継続的に行えば、脂肪がエネルギーとして消費され、下半身のみならず身体全体が引き締まり、下半身痩せにつながります。
 ウォーキング、ジョギング、水泳、自転車こぎ運動、エアロビクスなどが代表的です。これらを30〜40分継続するとより一層効果が高まりますが、出勤時に歩いたり階段を使う機会を増やすなどのちょっとしたことでも継続して行えば下半身痩せの効果があります。
 体重を減らし、ただ下半身を細くしたいだけなら有酸素運動だけでも良いのですが、見栄えの良い、均整の取れた下半身のスタイルを作りたいならこれだけでは不十分です。次に説明する下半身の筋トレ(筋力トレーニング)が必要になります。

バランスボール 下半身の筋トレを行い、筋肉の量を増やすことで、身体の基礎代謝が高まりカロリー消費量が増えるほか、メリハリがついて引き締まった下半身になり、理想的な下半身痩せを実現できます。
下半身の筋肉を鍛えるエクササイズは、スクワット運動を筆頭に、自宅でも簡単に行えます。太ももやヒップの簡単筋トレ法については、「太もも痩せの方法」を参照してください。太もものほか、家の中ではつま先立ちで歩くように心がけるとふくらはぎを鍛えることができます。バランスボールなどの器具を利用してもいいでしょう。
 適度に筋肉がついてくると、皮膚に貼りが出ますし、きれいな凹凸ができてメリハリのあるきれいな下半身になります。ただし、筋トレだけを過度に行うと、逆に足が太くなり、下半身やせと逆行することもあるので、必ず適度に行うか、有酸素運動も並行して行ってください。

 運動によって消費するカロリーを増やすほかに、食事内容を見直して、脂肪の元となる油物を減らしたり、高カロリーな食べ物、おやつなどの間食を減らすことで摂取カロリーを減らせば更に下半身痩せの効果が高まります。
 筋トレや有酸素運動は軽めのものでも継続して行うことで徐々に成果が現れてきます。そこに食事内容の見直し等を加えることで更にダイエットの効果をあげてゆきましょう。
 太ももを含めた下半身痩せのダイエットはなかなか目に見えて成果が現れにくいものですので、あまり負担にならない範囲で、あせらず気長に行ってください。

Sponsored Link