筋トレでダイエット効果を高める
無理なく痩せよう!!簡単ダイエット
ダイエットの基本知識や、食事や栄養に関する情報、簡単にできる運動法などを紹介しています。

筋トレでダイエット効果を高める

Sponsored Link

 筋トレ(筋力トレーニング)は運動の種類では「無酸素運動」になります。無酸素運動は体内のグリコーゲンという糖質をエネルギー源とするため、脂肪を燃焼させる効果はありません。ではなぜ筋トレダイエットに役立つのでしょうか。

筋トレ 人が一日に消費するカロリーのうち、最も多いのが「基礎代謝」です。基礎代謝とは生きていくために必要なエネルギーで、何もしなくても消費されるカロリーです。一日の消費カロリーの半分以上、2/3程度を占めます。ということはこの基礎代謝が大きくなれば消費カロリーも多くなってダイエットに繋がりますよね。そしてこの基礎代謝は、筋肉の量が多いほど大きくなるんです。
 筋肉が1キロ増えると、1日の消費カロリーが〜100kcal程度増えると言われています。同じ身長・体重の人でも、脂肪が少なく、筋肉が多い人ほど痩せやすいということになりますね。筋トレによるダイエットのメリットは、一度筋肉をつけてしまえば、何もしなくてもカロリー消費量が増える、つまり太りにくいカラダになる、という点でしょう。

 筋トレがダイエットに効果があっても、スタイルを気にして筋肉をつけることを嫌がる女性も多いですよね。
 ですが、女性の場合よほどやり過ぎない限り、男性のようにムキムキの体型になることはまずありません。それどころか、適度に筋肉をつけると、肌に張りがでて、たるみの少ないメリハリのある体になり、ダイエット効果も上がります。むしろ均整の取れたスタイルにしたいなら是非筋トレは積極的に行ってください。

 筋トレは普段あまりやらない人にとっては結構大変なイメージがあったり、スポーツジムなどに通わなければならないんじゃない?と思われるかもしれません。  何かスポーツをやっていて、もっと筋力を付ける必要がある、というのでしたらキツめの筋トレも必要ですが、ダイエットのための筋トレはそんなに気合を入れて行う必要はありません。
ダンベル 軽めの筋トレで十分効果があります。少しずつでも毎日コツコツと継続することでだんだん効果が表れてきます。
 自宅で簡単に行える筋トレの方法は色々あります。腹筋や腕立て伏せといった基本的な筋トレもとても効果的です。これらは筋力のない方、女性の方にはちょっと難しいと思われるかもしれませんが、一般的なやり方にこだわる必要はありません。イスや机などを補助に使ったり、ひざをついて行うなど、自分のレベルに合わせて行ってください。
 ペットボトルに水を入れたダンベルを使った、ダンベルエクササイズもお手軽で体の各箇所を鍛えることができてオススメです。通販などで販売されている色々な筋トレグッズを利用するのもいいでしょう。自分に合った方法で、無理なくできる負荷で行うことが筋トレを継続するためのコツです。サイト内でも自宅で手軽にできる筋トレ法を色々紹介しているのでダイエットに役立ててください。
 筋トレは軽めのものなら毎日行ってもかまいませんが、2〜3日に一度を目安に行いましょう。筋肉は筋トレ等によって筋繊維が傷つき、休んで再生する時に筋繊維が太く、つまり筋肉が大きくなります。よって筋肉痛になったら必ず痛みがひくまでは筋トレを休んでください。

Sponsored Link